【これからは個の時代】個の能力のマネタイズ方法

こんにちは!Kazu(@bs_0318)です。

突然ですが、みなさん。
著名なインフルエンサーや実業家が

 

インフルエンサー
これからは個の時代
実業家
魅力・能力のある者が生き残る

 

と口々に言っているのをご存知でしょうか。

これまでの時代は、「大企業に入社することこそが正義」、「公務員や銀行員になって安定した職を手に入れることが成功」と言われてきました。

しかし今日、この風潮は変わりつつあります。『個の能力』を発揮する職場が注目されているのです。

現に、小学生・中学生・高校生のなりたい職業ランキングを見てみると、学者・プログラマー・ゲームクリエーター・ユーチューバー・歌手、俳優、声優などが上位に来ています。

日本の将来を背負って立つ若者がこのような夢を持っているということは、『個』の時代の風潮は確実に来ています。

今回の記事では、なぜ『個』の時代だと言われているのか、『個の能力』をマネタイズするにはどうすればいいのか、メリット・デメリットはあるのかをお伝えします。

こんな人に読んでほしい
個人で働いていきたい人
・マネタイズ事例にどのようなものがあるのか知りたい人
・企業で『個の能力』を発揮したい人

 

『個』の時代だと言われる要因

そもそもなぜ『個』の時代だと言われているのでしょうか。

私の考える要因は、以下のような流れです。

根本にあるのは、インターネットの発展です。インターネットの発展により、SNSや動画配信が可能になり、誰しもが『個人』の考えや能力を発信することが出来るようになりました。

そして、インターネットの上位互換とも言える「AI」の出現です。このことにより、人手不足も相まって、私たちの仕事が「AI」に取って代わられる可能性が出てきました。

こうなってくると、一つの職場、収入源しか持っていない場合、その唯一の仕事がAIに奪われ、最悪収入がなくなってしまう恐れがあります。

このことを恐れた人たちは、「AIに取って代わられず、自分にしかできない、自分自身に価値を見出せる仕事」に就こうと考えるようになります。

代表的な成功例は、ユーチューバーです。トップユーチューバーになると、年収が億単位にもなります。

『個の能力』で大金を稼ぐクリエーターが出現したことで、より『個』の時代の流れは加速しました。

 

『個の能力』のマネタイズ事例

次に、『個の能力』でお金を稼ぐ、マネタイズしている事例を紹介します。

今回は比較的知られている3つの事例を取り上げます。結論を言うと、以下の3つです。

  1. フリーランス
  2. ユーチューバー
  3. ライブ配信やコンテンツ公開

順に見ていきましょう。

 

①フリーランス

会社に属せず、個人のスキルでお金を稼ぐ人をフリーランスといいます。

一口にフリーランスと言っても種類は様々で、ブログで稼ぐ人もいれば、クラウドソーシングを利用する人、プログラミングやデザインのスキルを活かして稼ぐ人などがいます。
なかには会社員以上の年収を稼ぐ人もたくさんいます。

 

フリーランスってどうやって仕事を獲得するの?
安定してなさそう・・・

 

このように会社に属さないことに抵抗がある人もいますが、現在はインターネットが発達しているので、仕事を探そうと思えば、いくらでも探せます。

それこそ仕事が受注できるクラウドソーシングというサービスが現在はあります。以下の記事にクラウドソーシングについて書いているので、宜しければご覧ください。

クラウドソーシングで案件を獲得するために押さえておくべき3つのこと

2018年12月21日

 

②ユーチューバー

先ほども挙げましたが、『個』の時代の代表的な成功例がユーチューバーです。

最近は、テレビよりもYouTubeを見る割合が高い人が多いのではないでしょうか。
私も毎日お気に入りのユーチューバーの動画を見ています。

ユーチューバーが所属する事務所・会社が上場したこともニュースになりましたよね。

 

③ライブ配信やコンテンツ公開

YouTube以外でも、動画で自分の価値を提供することはできます。

例えばSHOWROOM」のライブ配信サービスがあります。配信者のパフォーマンスに対して視聴者が「デジタルギフト」、俗にいう投げ銭をすることでコミュニケーションが取れるといったサービスです。
配信者はギフトの内容が報酬となります。

他のも、自分の持っているノウハウを文字で提供できるnoteがあります。
価格は自分で設定でき、言わば自分が出版社となるのです。
まだあまり浸透していないサービスですが、自分のアウトプット媒体としても使用できます。

 

『個の能力』を磨くには

では、『個の能力』を磨くにはどうすればいいのでしょう。

①自分が何をしたいのか見極める

そもそも自分が何をしたいのか・何をして稼ぎたいのかも分からない人も多いでしょう。

そんな人は、まず経験を増やしましょう

やりたいことが見つからない原因は、考えが甘いか、そもそもの経験が少ないかのどちらかです。

少しでも気になったことには迷わず挑戦しましょう!挑戦しなければ得られるものは何もありません。

今やトップユーチューバーの方も、YouTubeを始めるまではただの一般人です。
それが今やYouTubeだけでなく、テレビやCMに引っ張りだこなのは、YouTubeに挑戦しようとしたからです。

誰しも最初は初心者、このことを忘れずに挑戦しましょう。

 

②スペシャリストになる

挑戦に踏み切ったら、次はスペシャリストになるために行動しましょう。

いざ踏み切っても、それで満足して能力を磨くことが出来なければ、挑戦していないのとほぼ同じです。

自分の好きなことで生きていきたい、自分の力で稼いでいきたいという人は、その分野では誰にも負けないくらいの努力をしましょう。

先ほどのトップユーチューバーの話ではないですが、自分のやりたいことに貪欲に行動し、努力し続けた結果があのように形となっています。

ではどのように努力すればいいのか。

「脱初心者」になるためには、まずは基本から抑えていきましょう。新しいことに挑戦する人に有りがちなのは、早く稼げるようになりたいという理由から、基本を押さえずにいきなり発展に取り組むことです。
今成功している人は、長期の地道な下積みがあったからです。焦ることなく、基本から学び、土台を作りましょう。

そして、その成功者のやり方を真似てみてもいいかもしれません。
やり方は人それぞれですが、成功者のやり方は大方正しいです。その方法で成功しているのですから。
よく「自己流で行く」という人がいます。悪いことではありませんが、どちらが効率的か考えましょう。
愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」です。

 

③能力を発揮できる場所を持つ

人並み優れた能力を持っていても、それを発揮する場所がなければ、意味がありません。

先ほどご紹介したYouTube、SHOEWROOM、noteといった媒体をいきなり利用するのが躊躇われる人は、まずはツイッター、FacebookなどのSNSから始めましょう。

発信する場所は重要ですが、躊躇っていつまで経っても発信できない方が問題ので、まずはハードルの低いところから始めていきましょう。

 

『個の能力』を活かして働くメリット・デメリット

最後に、『個の能力』を活かして働くメリットデメリットをお話しします。

メリット

  1. 自分の好きな時間に働ける
  2. 労働に見合ったお金が自分だけに入ってくる
  3. 気持ちにゆとりが出来る

デメリット

  1. 収益が安定しない
  2. 確定申告などの事務作業を自分でしなくてはいけない

 

デメリットのない仕事は存在しませんし、自分にとってはメリットであっても、他人にとってはデメリットに感じることもあるでしょう。
働き方も、考え方も人それぞれです。何が自分に合っているのか、しっかりと判断し、一度しかない人生を豊かなものにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です